スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 一般の方トップ
  3. 用語解説
  4. コンタクトレンズ診療所(クリニック)

コンタクトレンズ診療所(クリニック)

 コンタクトレンズ診療所(クリニック)(以下、CL診療所)は法的に明確な定義が決められた呼称ではありません。一般には、コンタクトレンズを処方する際の検査やコンタクトレンズ装用者の定期検査を主に行う診療所を指して使われています。このような診療所の中にはレンズを販売して利益を得ることを主目的として開設されたものがあり、無資格者による検査・診察や医療保険での不正請求が問題となっています。

 かつてのCL診療所では、検査・診察に関しては保険診療を行わず自由診療で行われていました。ところが、レンズの安売り競争にともなって、レンズ代の値引き分を保険診療による報酬で補填するという手段を取るCL診療所が増え、国の医療財政を圧迫するほどになってしまいました。そのために国は2005年以降いろいろな方法でこのような行為を制限しようとしています。2007年12月に全国でCL診療所に監査が入る、と大きく報道されましたが、これもその一環と推測されます。

(2008年1月28日現在)