スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 一般の方トップ
  3. 用語解説
  4. レセプト

レセプト

 レセプトとは「診療報酬請求明細書」と呼ばれる請求書のことを指します。

 レセプトはカルテをもとに作成されます。医療機関は健康保険を使って受診されたひとりひとりの患者さんに対して、医療費を1カ月単位でまとめます。そのレセプトは、国民健康保険なら県の国民健康保険団体連合会に、また社会保険なら県社会保険診療報酬支払基金に請求書として送られて、チェックを受けることになります。チェックを通過したレセプトは、それぞれの患者さんの保険者に送られ、保険者は医療機関に自己負担分を除いた医療費を支払います。

 レセプトには処置や検査、投薬など、診療報酬に定められた点数が細かく表示されています。診療報酬の点数は全国一律なので、日本全国どこの医療機関にかかっても、同じ処置を受けたら同じ金額だけ掛かる、ということになります。

(2007年10月25日現在)