スマートフォン版へ

  1. HOME
  2. 一般の方トップ
  3. 用語解説
  4. 高額療養費制度

高額療養費制度

 高額療養費制度とは、70歳未満の患者さんが、一つの医療機関で1カ月に支払った医療費が一定額を超えた場合、超えた部分の金額が戻ってくる制度です。所得により変わりますが、標準的な所得の場合は、80,100円+(医療費?267,000円)×1% が自己負担限度額です。還付を受けるには、各保険者の指定する場所で申請手続きが必要です。

 申請期限は2年です。対象者に通知を送っている自治体や、申請不要の健保組合もあります。一方、期限切れぎりぎりになって対象者に案内を送る保険者もあるなど、保険者によって対応は異なります。保険証に記載されている保険者に問い合わせ、申請もれにはご注意ください。

 還付には数カ月かかるため、その間患者さんが医療費を全額たてかえなければなりません。そのため、入院の場合は事前に申請すれば、病院窓口での支払いは負担限度額までとすることが可能です。
70歳以上の方にも同様の「高額医療費制度」があります(入院時の事前申請は不要)。

(2007年12月10日現在)