スマートフォン版へ

医療費の窓口負担解消を目指す ゼロの会

医療費の窓口負担「ゼロの会」
お金の心配なく、安心して医療を受けられる社会へ

2018年9月19日現在

26072

10230

  1. 医療費の窓口負担「ゼロの会」
  2. 活動ニュース
  3. 2015年4月12日、大和で「ゼロの会」宣伝、まちかど健康相談を開催しました!
いいね!窓口負担をゼロ。

活動ニュース

2015年4月12日、大和で「ゼロの会」宣伝、まちかど健康相談を開催しました!

20150412.jpg

 医療費の窓口負担「ゼロの会」は神奈川県保険医協会医・県央支部とともに、2015年4月12日、イオンモール大和で「まちかど健康相談」を開催しました。当日は、3時間にわたり健康相談と医療問題クイズを実施、日曜日の午後ということもあり、買い物客でにぎわう中、特に着ぐるみの「ゼロくん」を見て足を止めた親子連れが多数訪れ、一時は記念写真を撮る市民が列をなすほど大盛況となりました。

 医科・歯科別の健康相談ブースでは、日頃から片頭痛や高血圧に悩む方が訪れたほか、歯科では子どもの歯並びや咬み合わせについて悩みを抱えた親御さんが相談医に意見を求めたり、子どもの学校健診に関して日頃から感じる疑問なども寄せられました。

 医療問題クイズとともに実施した「窓口負担に関するアンケート」には74名が参加。全体の73%が窓口負担「ゼロ」を希望。また、現行の3割負担より軽い負担を希望する意見は、全体の97%にのぼりました。

 クイズに回答した市民からは、「かぜなどと違い、自分では判断できない症状で受診する時は、窓口でいくら払えばいいかわからず不安」、「窓口負担は必要だが、できれば所得に応じた負担率を設けてほしい」など、窓口負担の無料化や軽減を求める声が多くあがりました。

ページトップへ

私たちも「ゼロの会」に賛同しています。

賛同署名はこちら サポーター募集中!!

「ゼロの会」に賛同する

実現には、国民多くの支持が不可欠。ゼロの会では、広く市民から賛成を募ることで、マスコミや関係団体、そして世論へと働きかけます。

携帯からも賛同の受付ができます

ゼロの会に協力したい!!

ゼロの会では、PR用リーフレットの配布や、衆・参議院に提出する請願署名も行っています。

シンポジウム
まちかど健康相談など

リーフレットのご紹介

リーフレットは「ゼロ円」でお送りいたします。

リーフレットの送付を希望される方はこちら

映像コンテンツ

映像コンテンツをご紹介します。

リンク

医療費の窓口負担「ゼロの会」  事務局:神奈川県保険医協会

横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2 TSプラザビルディング2階   TEL:045-313-2111   FAX:045-313-2113

Copyright © 2013 hokeni kyoukai. All rights reserved.