スマートフォン版へ

医療費の窓口負担解消を目指す ゼロの会

医療費の窓口負担「ゼロの会」
お金の心配なく、安心して医療を受けられる社会へ

2007年発足~2024年5月1日現在

27430

10305

  1. 医療費の窓口負担「ゼロの会」
  2. 活動ニュース
  3. 対談・ゼロの会~映画監督・千葉茂樹氏と語る 超満員・164名が参加
いいね!窓口負担をゼロ。

活動ニュース

対談・ゼロの会~映画監督・千葉茂樹氏と語る 超満員・164名が参加

20140727taidanzero.jpg

 医療費の窓口負担「ゼロの会」は2014年7月27日、「第6弾対談・ゼロの会 マザー・テレサ“愛”の記録者 映画監督・千葉茂樹氏と語る」を神奈川県保険医協会会議室で開催し、会場いっぱいの164名が参加しました。

 当日は、対談に先立ち、千葉監督の映画「マザー・テレサと生きる」(生誕100年特別記念作品)を上映。マザーの精神を引き継ぐシスターの奉仕活動や、身寄りのない末期ガン患者を“愛”の手で看取るホスピスなど、現代を生きる“マザー・テレサ”の活動を観賞しました。

 対談相手を務めた池川明神奈川県保険医協会前理事長(ゼロの会・責任者)は、窓口負担がゼロになることで「コンビニ受診」は起きない、窓口負担による受診抑制で、重症化に繋がることこそ解消すべき課題と説明しました。千葉監督も自身の入院経験から医療保険の恩恵・大切さを強調し、アメリカ型医療へのシフトが懸念される日本の医療を憂慮。国民の支えあいで成り立つ医療保険制度は、マザー・テレサの貧しい人々に“手を差し伸べる”活動と共通するとし、国民皆保険制度を守ることが医療者、国民に求められていると述べました。

ページトップへ

私たちも「ゼロの会」に賛同しています。

賛同署名はこちら サポーター募集中!!

「ゼロの会」に賛同する

実現には、国民多くの支持が不可欠。ゼロの会では、広く市民から賛成を募ることで、マスコミや関係団体、そして世論へと働きかけます。

携帯からも賛同の受付ができます

ゼロの会に協力したい!!

ゼロの会では、PR用リーフレットの配布や、メールやWEBを活用した賛同呼びかけをお願いしています!

シンポジウム
まちかど健康相談など

リーフレットのご紹介

リーフレットは「ゼロ円」でお送りいたします。

リーフレットの送付を希望される方はこちら

映像コンテンツ

映像コンテンツをご紹介します。

リンク

医療費の窓口負担「ゼロの会」  事務局:神奈川県保険医協会

横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2 TSプラザビルディング2階   TEL:045-313-2111   FAX:045-313-2113

Copyright © 2013 hokeni kyoukai. All rights reserved.