スマートフォン版へ

医療費の窓口負担解消を目指す ゼロの会

医療費の窓口負担「ゼロの会」
お金の心配なく、安心して医療を受けられる社会へ

2007年発足~2024年5月1日現在

27430

10305

  1. 医療費の窓口負担「ゼロの会」
  2. 活動ニュース
  3. 市民100名超が参加、リーフレット1,000部超を完配 ダイエー東戸塚店で宣伝行動
いいね!窓口負担をゼロ。

活動ニュース

市民100名超が参加、リーフレット1,000部超を完配 ダイエー東戸塚店で宣伝行動

ゼロの会 東戸塚駅前宣伝行動医療費の窓口負担「ゼロの会」は2012年2月18日、ダイエー東戸塚店で宣伝行動を実施しました。

当日は医科・歯科の健康相談、豪華賞品の当たる医療問題クイズをいずれも無料で行い、100名を超す市民が参加。賛同書付きリーフレットも、1,100部を完配しました。

今回は宣伝行動の第4弾として、駅に直結し百貨店などと連結するダイエー東戸塚店の連絡通路で開催。土曜日の昼ともあり、子供連れの家族や友人同士のショッピングなど、多くの買い物客で賑わっていました。

医科・歯科の無料健康相談には、50代、60代を中心に43組の市民が来場。

医科では高血圧に悩む高齢者からの相談が目立ち、血圧の高い40代男性には自宅での測定を勧めました。また正常値ながら降圧剤の服用を続ける70代の女性に、主治医への相談を促しました。

歯科では30代から70代の市民から、妊娠中の虫歯チェックや入れ歯の悩み、歯ぐきの腫れ、ドライマウスの相談など幅広い相談が寄せられました。なかでも、左下の3本の歯が欠損した70代の女性は、入れ歯に慣れないとして放置。入れ歯の重要性を説明し、最終的に入れ歯の導入を促すことにつながりました。

また、前回から採用したティッシュ付きリーフレットは反応がよく、用意したリーフレットは1時間で配り終えました。宣伝行動後、戸塚区民から賛同書が到着しています。

「ゼロの会」に市民の9割が賛意

豪華賞品が当たる医療問題クイズは、子供を連れの家族など67組の市民が参加。日本で「当たり前」となってしまった窓口負担が他の先進国では「ゼロ」が普通、医療費の半分は国民負担(国民の保険料+窓口負担)であるなど、既に多くを負担している事実に、参加者は驚きや関心を示しました。

クイズと同時に実施した窓口負担アンケートでは、5割が負担ゼロを支持、1割負担を含めると9割の市民が「負担感のない水準」を望む結果となりました。  

ページトップへ

私たちも「ゼロの会」に賛同しています。

賛同署名はこちら サポーター募集中!!

「ゼロの会」に賛同する

実現には、国民多くの支持が不可欠。ゼロの会では、広く市民から賛成を募ることで、マスコミや関係団体、そして世論へと働きかけます。

携帯からも賛同の受付ができます

ゼロの会に協力したい!!

ゼロの会では、PR用リーフレットの配布や、メールやWEBを活用した賛同呼びかけをお願いしています!

シンポジウム
まちかど健康相談など

リーフレットのご紹介

リーフレットは「ゼロ円」でお送りいたします。

リーフレットの送付を希望される方はこちら

映像コンテンツ

映像コンテンツをご紹介します。

リンク

医療費の窓口負担「ゼロの会」  事務局:神奈川県保険医協会

横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2 TSプラザビルディング2階   TEL:045-313-2111   FAX:045-313-2113

Copyright © 2013 hokeni kyoukai. All rights reserved.